アフリカ音楽・ゴスペル・黒人音楽

TOPページ > 特集2 アフリカ音楽・ゴスペル・黒人音楽

黒人音楽の芸術鑑賞会 黒人音楽の芸術鑑賞会

盛り上がること間違いなし! 異文化に触れながら
子どもから大人まで楽しめる、感動のコンサートをご紹介致します。

**** *** ****

<< 作品概要 >>

黒人音楽の鑑賞会 黒人ヴォーカリストのローレンス・ダニエル(ロロ)と司会&コーラスのマリ、パーカッショニストのウィンター・ホーク、そしてノリノリのDJ、Mr.DDの4人を中心とした最高に盛り上げ上手なパフォーマー達が、オープニングからラストまで客席と一緒になって熱く、そして楽しくコンサートを創り上げます。

 誰もがきっと耳にしたことのある、名曲の数々をお届けするこのコンサートは、野球のWBCのテーマ曲にもなった、ロックバンド ジャーニーの熱い名曲「Separate ways(セパレート ウェイズ)」でスタートします。
とても楽しい「Celebration(セレブレイション)」で盛り上がった後は、アフリカンパーカッション・ジャム!
全ての音楽の元となった、アフリカンドラムで客席の皆さんとコール&レスポンス!!
 続けて「アメリカ黒人の奴隷時代からゴスペルが誕生するまでの歴史」を分かり易くご紹介し、ゴスペルの名曲中の名曲「Amazing Grace(アメージング・グレイス)」を、ロロの伸びやかなヴォーカルでお聞きいただきます。 
 その他、「Can't take my eyes off you(君の瞳に恋してる)」「September」「Oh!Happy day」等。
  どの曲も厚みのあるハートフルな歌声で、聴く者の心を打ち揺さぶります。

黒人音楽の鑑賞会 アフリカンパーカッション・ジャムのコーナーだけではなく、コンサート全体を通して call&response(“出演者の呼びかけ”と“観客の応答”)形式で進行します。

 これまでにない、参加型スタイルのコンサートは、全国各地で大反響を頂戴し、口コミによるお問い合わせも殺到中!
 小学生から高校生、そして大人までも必ず盛り上がり、公演後の反応・評価ともに非常に高いプログラムです。

*** *** *** *** *** *** ***

<<コンサートのポイント>>

とってもハッピーなブラックミュージック体験プログラム!
Let's sing a song all together!

黒人音楽の鑑賞会 ゴスペルからHIPHOPへつながる「黒人音楽」が生まれた背景には、悲しい奴隷制度から現在に至る米国黒人の歴史が強く関わっています。 人権もなく、命の尊厳すら守られなかった黒人たち…過酷な労働を強いられ、苦しみ悲しみに打ちひしがれながらも、彼らはお互いを抱きしめ、励まし合って、「がんばろう!」「きっと明日は幸せな日になる」と教会で力強く歌ったのでした。
「今日生きていること」への感謝と喜び。仲間を思いやる優しい気持ち……ゴスペルには黒人たちの「魂」と「希望」と「愛」が込められているのです。
 「ゴスペル to HIPHOP」では、音楽の中に「愛」や「思いやり」を沢山詰め込んでいます。
子どもたちが前より少しでも優しくなれたら、大人たちが少しでも平和について考えてくれるようになったら…そんな願いを全身全霊でステージにこめます。

【圧倒的な歌唱力】
  黒人ヴォーカリスト“ローレンス”を中心とした、ソウルフルでハートフルなブラックミュージックの魅力をご紹介します。会場全体が一体となって盛り上がるコンサートです!

【黒人音楽のルーツ】
  黒人音楽を語るには、悲しい奴隷制度から現在に至る米国黒人の歴史的背景が強く関わっています。
コンサートでは、ブラックミュージックの明るく力強いサウンドがなぜ生まれたか、歴史の中で闘った勇気ある人々……そんなお話も交えて進行します。

【ゴスペルの特徴と魅力】
  ゴスペルの音楽の特徴は、皆が一緒に歌えるように歌詞が分かりやすく作られていること。すぐに一緒に口ずさむめる優しいフレーズで作られていることです。
有名な「Oh Happy Day」や「Amazing Grace」などは、歌詞の意味を知って頂けたら…さらに素晴らしい音楽に感じられることでしょう。 →歌詞の意味を見てみる

【コール&レスポンス(呼びかけと応答)】ウィンター・ホーク
  私たちのブラックミュージックの鑑賞会は、ただ鑑賞する音楽会ではありません。
皆さんと一緒に会場全体(All Together)で進行します。
大切なのは“コール&レスポンス(call&response)”…直訳すると“呼びかけと応答”。
出演者の「Good afternoon!」とか「OK?」などの色々なcallに、是非皆さんresponseして下さい!
メンバーもさらにノリノリの熱いパフォーマンスでresponseします!

【感じるままに! ソウルフルに!】
  コンサートでは、自分の気持ちのまま、掛け声をかけたり、リズムを取ったり、踊ったりしてもOKです!
 もちろん、情熱的な拍手も待ってます!! みんなでひとつのコンサートを創り上げ、盛り上がって楽しく行きましょう!

【更にパワーアップしたステージに!】
キーボードやゲストヴォーカル、ゲストダンサーが加わわる事により、更に迫力のあるステージをお届けする事ができます。
みんなで一緒に Let's Sing & Dance!!

黒人音楽の鑑賞会 黒人音楽の鑑賞会 roro 

 

**** *** ****

アフリカ音楽の鑑賞会 アフリカンフェスティバルの各地での開催や、次回サッカーW杯など、なにかと話題の多いアフリカ大陸。
 トップアフリカンミュージシャンとして活躍中のメンバーがアフリカ人独特のリズムとハッピーなアフリカ音楽を繰り広げます。

 その明るさとモチベーションの高さは、現代日本人の忘れた何か?を感じさせてくれます。

 

<< 作品概要 >>

アフリカ音楽の鑑賞会 「アフリカの音楽はもっと楽しくて、もっと熱い事を皆さんにつたえたい!」との思いを強く持つ、情熱的なアフリカンミュージシャンたちが、広大なアフリカ大陸の国境を越えて集まり、日本にアフリカ文化を広めた代表的なアーティスト、B.Bモフランのパワーに満ち溢れた参加型のアフリカンプロデュースバンドです。

 東アフリカの“野生の王国サバンナ”のような力強さを持ち、中央アフリカの“熱帯雨林(ジャングル)”に代表される豊かな自然と“神秘的文化”を魂を込めて表現し、西アフリカの“サハラ砂漠”と“美しい海”のコントラストを鮮明かもし出す・・・・そんなアフリカの各地方の特色を融合し、ステージいっぱいに繰り広げるとてもハッピーなスーパーバンドです。

 現在の日本の音楽シーンはもとより、世界中のミュージシャンに強く影響を与え続けているアフリカンミュージックを、一緒に歌ったり踊ったり体感できる、発見がいっぱいの楽しいコンサートです!

アフリカ音楽の鑑賞会★ B.B Mofrank (Vo.Key.perc.) モフラン
 コンゴ出身。1983年、広島・長崎の平和祈念コンサート出演の為初来日。渡辺貞夫と競演し絶賛をあびる。日本でのファーストアルバム「モバブナ」を発表。
後、ケニアに戻り「VUNDUMUNA(ヴゥンドゥムーナ)」を結成。アフリカの伝統音楽に独自の視点からジャズやファンクの要素を取り入れたサウンドで東アフリカNo.1のバンドとなりアルバム3枚を発表。
ケニアでは未だ伝説として語り継がれるバンドである。
1986年、再来日。以後日本を拠点としての活動を開始、ソロアルバム「B.B.モフラン」の発表、国際イベント、ジャズフェス等への出演の傍ら多くのミュージシャンと共演している。 山下洋輔等の他、最近では和太鼓や津軽三味線などの邦楽アーティストとの共演も積極的に行い、「カルチャーミックス」を更に推し進めている。Tabu、Jagajaga達と共に日本とアフリカ音楽の架け橋的役割を果たした一人。

アフリカ音楽の鑑賞会 アフリカ音楽の鑑賞会 アフリカ音楽の鑑賞会

 

 

 

**** *** ****

アフリカ音楽と邦楽 現代の音楽に馴れた生徒さんの耳にもマッチするクオリティの高い和楽器による演奏を繰り広げるTOKYO 邦楽合奏団。
 そこに、まったくの異文化であるアフリカの音楽をコラボレートする事によって、今までにない新しいサウンドが生まれます。

 音楽を通して新たな世界観を感じられる鑑賞会と絶賛を頂いております。

 

アフリカ音楽と邦楽

アフリカ音楽と邦楽 アフリカ音楽と邦楽

小学校のプログラム  中学校のプログラム  高等学校のプログラム
自主事業・イベントなどのプログラム

アフリカ音楽と邦楽 アフリカ音楽と邦楽

 

 

曲目・曲順、演奏時間などは各演奏会主催者様とのご相談で決定しております。
また、客席の年齢に合わせた演目・演出をしております。
あらかじめご了承ください。