プログラムNo.1
スペシャル・ワールドミュージック

鑑賞レポート
TOPページ実況!鑑賞会レポート > スペシャル・ワールドミュージック

 

 

オープニング
★ ディズニーより「エレクトリカル・パレード」

エレクトリカル・パレード エレクトリカル・パレード

出演者全員登場し、客席を歩きながら演奏します。
子どもたちとふれあいながら、ステージに上がります。
楽しいコンサートの始まりの、軽いご挨拶です。

サロンオーケストラ・プレゼンツ 1
★ チャールダーシュ

チャールダーシュ

客席に語りかけるように、演奏者同士が会話をするようにヴァイオリンを奏でます。
メロディに合わせて、情熱的な演奏や早弾きをたっぷりとお見せします。

ゲスト・ミュージシャン 1 <黒人ヴォーカル>
★ アメージング・グレイス

アメージング・グレイス 黒人ヴォーカル

ヴァイオリンの名曲、クラシック音楽から一変して、黒人歌手ローレンスの歌声をご披露。
始めは楽器の伴奏に合わせて伸びやかに、後半は澄んだ高い声から、
シャウトを利かせたソウルフルな歌声まで自由自在に操ります。

★ 英語で遊ぼう

英語で遊ぼう 英語で遊ぼう

ローレンスが歌う「We will Rock You」に合わせて、
「head(頭)」「shoulder(肩)」「hip(おしり)」を叩こう!

サロンオーケストラ・プレゼンツ 2
★ ハンガリー舞曲第5番

ラウンド演奏 ラウンド演奏

ヴァイオリン・フルート・アコーディオンが、客席で演奏する《ラウンド演奏》です。
速いテンポのところで走ってお客さまに近づいていったり、休符の間でじぃっとお客さまを見つめたり、
演奏者同士が顔を見合わせ、呼吸を合わせながら演奏します。

ラウンド演奏 ラウンド演奏

ラウンド演奏 ラウンド演奏


演奏者が近くに来たら、是非「隣に来て!」とアピールしてみてください!
あなたの耳元で演奏してくれるかもしれませんよ。

★ 映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」より

パイレーツオブカリビアン

間近での演奏をご覧になった後は、もっと楽器に親近感を覚えたことでしょう。
今度は落ち着いて目をつむり、想像力を膨らませて、勇壮な映画音楽をお聴きください。

楽しい楽器紹介

ヴァイオリンの紹介 フルートの紹介 アコーディオンの紹介

ヴァイオリンとチェロ、フルートとピッコロを比較したり、アコーディオンの紹介をしたりします。

ゲスト・ミュージシャン 2 <テノール歌手>
★ オペラ「トゥーランドット」」より“誰も寝てはならぬ”

誰も寝てはならぬ オペラ歌手

ステファノ・オペラ劇場のトップテナー岸 政美が、美しく響き渡る歌声を披露します。
マイクを使わない生の歌声の迫力に、子どもたちはびっくりすると思いますよ。

★ クラリネットこわしちゃった または オペラ「トゥーランドット」より 誰も寝てはならぬ

「クラリネットこわしちゃった」では、軽快なリズムにのっての「パッキャラマド」が愉快爽快です。
荒川静香さんのイナバウアーで有名になった「誰も寝てはならぬ」では、美しい高音に惚れ惚れさせられます。

アレンジの魅力
★ 大きな古時計

短調にアレンジ ジャズ風にアレンジ

誰もがご存知「大きな古時計」を、長調(通常)、短調、ジャズ風、ラテン風にアレンジして聴き比べます。
同じメロディでもアレンジを変えただけで、印象がガラリと変わり、人の気持ちまで変えてしまう
そんなアレンジの魅力を分かりやすく紹介します。

ゲスト・ミュージシャン 3 <アコーディオン>
★ リベル・タンゴ

リベルタンゴ アコーディオン

アコーディオンが主役の情熱的なタンゴをお聞きください。

スペシャルセッション <サロンオーケストラ & ゲストミュージシャン全員登場>
★ 君の瞳に恋してる

君の瞳に恋してる ラウンド演奏

ローレンスの歌に合わせ、お馴染みのメロディ部分を全員で歌います。
会場の皆さんには「Fu--!」の掛け声をお願いします!

★ Oh Happy Day

歌合戦

小コーナー「オペラ歌手と黒人ヴォーカリストの歌合戦」があります。
声の出し方の違い、歌の“遊び”の違い、それぞれの声の迫力の違いを聴き比べてください。

オーハッピーデイ オーハッピーデイ

今日のコンサートは本当にハッピーな1日! 会場のお友だち、ありがとう!
そんな気持ちを込めてローレンスが歌います。
みなさんも「Oh Happy Day!」を復唱して盛り上げてくださいね!

★ 小さな世界

小さな世界 小さな世界

岸さんとローレンスが代わる代わる歌う「小さな世界」。

“世界はせまい 世界はおなじ 世界はまるい ただひとつ”
みなさんも一緒に歌ってね!

アンコール
★ ラデッキー・マーチ

アンコール アメージング・グレイス

最後は大きな拍手と小さな拍手で盛り上がろう!