日本音楽企画オリジナルセッション
楽しい邦楽アンサンブル & 素晴らしいアンデスの響き
TOPページ実況!鑑賞会レポート > 楽しい邦楽アンサンブル&素晴らしいアンデスの響き

 

楽しい邦楽アンサンブル & 素晴らしいアンデスの響き
★鑑賞会レポート★



1.jpg  4.jpg

邦楽・・・伝統的な和楽器の豊かな音色、心地よい響き、幽玄の世界。
フォルクローレ・・・南米はアンデスで生まれた、山脈を渡る風のような調べ。

地球の反対側でそれぞれに発展してきた二つの音楽を同時に味わえるばかりでなく
新たな音楽の融合を間近で鑑賞できる、究極の異文化セッション です!!

 

★邦楽とフォルクローレによるオープニング★

◆アンデスの祭
アンデスの弦楽器チャランゴやギター、アンデスの笛ケーナの音色に、和楽器のアンサンブルが重なって、オープニングに相応しい、華やかで心地よい音楽会が始まりました。

5.jpg

◎チャランゴ・・・合計10弦の、ちゃらちゃらと甲高い音を出す小さな弦楽器です。
形はウクレレやマンドリンに似ています。

◎ケーナ・・・古くからアンデスの人々に親しまれてきた縦笛です。葦の管に穴を開けただけのシンプルな構造なのですが、実に表情豊かな音色を奏でてくれます。

 

★第1部 邦楽★

◆津軽三味線「曲弾き」・・・津軽三味線による激しく、美しい演奏です。

◆箏「さくら」・・・日本の名曲をお箏の美しい調べでお贈りします。

◆尺八「鹿の遠音」・・・尺八独特の音色をしっかり味わってください。

尺八「春の海」・・・邦楽の代表的な曲です。箏と尺八のアンサンブルに心が和みます。

◆和太鼓「独奏」・・・いろんな種類の和太鼓が登場します。スゴイ迫力 !!

◆合奏「黒田節」

16.jpg 17.jpg 19.jpg 10.jpg

★楽器のお話★

尺八とケーナ、箏・三味線とギター、和太鼓と南米の太鼓、それぞれの楽器の共通点と相違点とを探るコーナーです。

20.jpg 22.jpg

司会の方のトークも分りやすく、楽しみながら楽器への知識も深まります。

 

第2部 フォルクローレタイム★

日本を代表するフォルクローレプレイヤーが、南米の様々な楽器を使って、アンデスの雰囲気をどっさり運んできてくれました。

13.jpg 15.jpg
ギター奏者の寺沢睦(むつみ)さんと、ケーナ奏者の長岡竜介さん

25.jpg 28.jpg

◎サンポーニャ・・・束ねた葦の管に息を吹き込んで音を出すパンパイプと呼ばれる笛の一種です。
人類史上最古の楽器の一つとも言われ、掌に収まるほどの小型のものから、身の丈を越えるほどの大型のものまであるそうです。

 

第3部 邦楽 VS フォルクローレ セッションタイム★

◆コンドルは飛んで行く・・・皆さんご存知の名曲です !
びっくりしたのは、箏や尺八の音色がピッタリはまっていること !! 新鮮な感動です。

◆ソーラン節・・・先程まで司会だった方がボーカリストとして加わってくれました。
迫力みなぎる歌と演奏に、生徒さんも大喜びです !!

31.jpg
47.jpg 49.jpg

 

★アンコール 「花祭り」★

生徒さんのあつい拍手と声援にお応えして、アンコールはフォルクローレの名曲「花祭り」がプレゼントされました。
大変な盛り上がりの中、異文化セッションのコンサートは終了しました。

53.jpg

音楽に国境はないということ……それは楽曲からも、
楽器の共通点からも理解することができます。
しかし一番強く感じたのは、演奏する側もそれを聴く側も
音楽を介して同じように楽しめるということ、
そこには国籍も年齢も性別も一切関係がないということです。
生徒さん達の笑顔を見ながら、もっとずーっと音楽を聴いていたい…
そんな気持ちになる素晴らしいコンサートでした。