公演までの基本的な流れ
学校芸術鑑賞会
TOPページ > 公演までの基本的な流れ

 

お問い合わせ
※どんな事でもお気軽にお問い合わせ下さい

企画のご相談・お問い合わせ

イベントの内容とご希望日の確認

ご費用のご相談

企画書・資料など発送

グループの仮押さえ(キャンセルされても構いません)

お申し込み(契約)

御校公演のプログラム発送

開場時間・開演時間などの調整

会場の見取り図・搬入路のご記入
(会館の場合は、照明や音響の打ち合わせを別途行います)

ご用意いただく物の確認

最終打ち合わせ

公演当日
※当日は日本音楽企画スタッフがお伺いいたします

会場入り・仕込み

リハーサル

公演

片付け

退出

お支払い
(後日お振込み・当日精算お選びいただけます)

ご感想・ご意見など戴けたら幸いです

 

 

 弊社の特徴

「年に一、二度、あるいは数年に一度の芸術鑑賞会……より良い公演にしたい、
でも山ほどのプログラムの中から、果たして何を選べばいいのやら…?」

こんなお悩みを解決します!

   星の数ほど存在するアーティストたち、でも本物は・・・
現在、我が国で舞台アーティストと称される者は、公称、自称含めて十万人とも二十万人とも言われておりますが、その中でも、客席を魅了する事の出来る本物の舞台人は、ほんの一握りです。
私どもは、オーディションや実際に公演を視察した上で、自信を持ってお薦め出来るアーティストのみを厳選して公演を制作しております。

 

   この予算で何が出来る?
ご希望・ご要望・ご予算をお伝え頂ければ、弊社の50年に渡る公演経験を活かした豊富な推奨プログラムの中より、最適な内容の公演を御紹介させて頂きます。

 

   様々なご要望に対応
「とにかく楽しいものを!」「ノリの良いもの」「格調の高い壮大な音楽を」…など全体の雰囲気的なご要望や、クラシック・ジャズ・ゴスペル・ラテン・マジック・演劇・邦楽・古典…などジャンル別でのご希望。「マリンバを」「フルートを聴かせたい」「生徒に身近なリコーダーを」…などの楽器別でのご指定、「送る会」「○○周年記念式典」他、時節的な特別公演、「参加型のもの」「ダンスのあるもの」「珍しいもの」…など公演スタイルによるご希望ほか、どんな事でも御相談下さい。
更に校歌を演奏して欲しい、希望の曲目がある、仕込み(用意)やバラシ(片付け)の時間があまり取れないなど、様々なご要望にも出来る限り実現へ向けて対応させて頂きます。

 

   安心のサポート!
演目に関する解説から当日のスケジュール組み、鑑賞会当日のアドバイスまで、誠心誠意サポートを務めさ
せて頂きます。
また弊社では、契約、著作権の取り扱い、出演者一人一人への連絡事項など、様々な手間のかかる諸事項をお引き受けし、ご安心頂ける公演を実現致します。

 

   大切なステージング
ステージング……登場〜退場までの魅せ方やパフォーマンスも大切です。ダラダラとした登場などもっての外です。
オープニングから客席を掴み、最後まで飽きさせず集中するように表現する事。
そして清々しい態度と気持ちの良い演奏姿勢で臨むようすべての出演者への実践を徹底しております。

 

   司会もポイント!
鑑賞会では演奏はもとより、客席を惹き付け、より楽しい公演にするために司会進行もとても重要です。
生徒さんに興味を持ってもらいながら、分かりやすく解説し、公演の雰囲気によって臨機応変に対処する“司会”は公演成功への大切なポイントです。

 

   ライブを楽しく!
「ライブ=生」の鑑賞会は、当日の天気、空気、雰囲気と様々な見えない要素によって変化します。
しかし何が起きるか分からないからこそライブは楽しく、生の迫力、感動がお伝え出来るのです。
私たちは、最高のコンディションの鑑賞会が開催出来るよう常に努力し、生の芸術の楽しさ、素晴らしさをお伝えするため全力で臨んでおります。