和太鼓
心に体に響け 和魂太鼓
TOPページかんそう文 > 心に身体に響け 和魂太鼓

 

小学生・先生・保護者
中学生・先生・保護者
高校生・先生・保護者
その他

 

S中学校 1年4組 S.K.

10月30日文化さいに、わだいこの演奏を聞きました。
和だいこの演奏をすわって聞いていると、すごい、体などに、どくどくきます。
たいこを速くたたくときの手がとても速くて、感激しました。
どうしたら、速く手が動かせるのだろう?!
私は思いました。
けれど、わだいこをたたいていた男の人の話をきいていたら、やっぱりまず練習練習!! と言っていました。
私は何をやるにもまず練習が必要だと思いました。
代表でたいこをたたいた人の感想を聞いていても、楽しそうだったとか、またやりたい!って言っていたので、私も何かの機会があったらやってみたいと思いました。
先生たちもむずかしいたたき方をやっていて、すごいなぁと思いました。
後、私が1番心に残った事は、「しし」です。
最初ししって何?! と言っていたら、1人の子がいのしし?!と言っていたのが聞こえてとても怖くて怖くてたまりませんでした…。
わだいこの種類もたくさんあって、たいこのたたき方や、たたくばちなど、いろいろ教えてもらいました。
とてもためになったと思います。
これを生かせる機会が、また、あったらいいです!!!

 ---

S中学校 2年1組 S.H.

太鼓をたたいているみなさんの姿を見て正直すごく格好いいなと思いました。
迫力のある演技で、僕は圧倒されてしまい、ただただじっと見ていました。
ここで、僕が一つ思ったのは、みなさんは太鼓をたたいているというより、太鼓の前で舞をおどっていらっしゃるように見えたことです。
“何かをたたく”となると、それに必死で、太鼓の場合でいうと、打ち方が乱雑になってしまうと思います。
僕達が太鼓をたたいたら、ほとんどそうなるでしょう。
しかし、太鼓をたたくことを専門とするみなさんは、そんなことはまったくありません。
ばちが、太鼓の真ん中にきれいに、みごとにはいっていく…
そのうえ、ばちがループを描くようにきれいに動いている…
どのようにしたら、みなさんのように打てるのか、今でも、まだ不思議に思っています。
僕は、もう一つ思ったことがあります。
それは、暗譜についてです。
いくら「ドンカラドンツク…」と覚えても、その「ドンカラ…」を覚えるのが大変であると思います。
みなさんは、太鼓の言葉とおっしゃっていましたが、それがわかるようになる日は、僕にはこないのではないかと思います。
“太鼓”それは簡単そうに見えて、実は奥がとても深いもの。
それを教えてくださったみなさんに心から感謝しています。
またS中の舞台で演技をしてくださって、本当にありがとうございました。

 ---

和魂太鼓を見て

S中学校 2年6組 K.Y.

日本の文化の1つの和太鼓ですが、今日の演奏を聞くと、本当に魂が入っている音で感動しました。
きっとかなりの力と技術を必要とするものなので、1時間以上もやるのは大変だったと思います。
僕達のためにがんばってくれてとてもうれしく思います。
僕が和魂太鼓のみなさんが演奏してくれた太鼓の中で、一番気に入ったものは、しめ太鼓です。
しめ太鼓は縄のしめ加減によって音の高低を調節できるので、いろんな演奏でも合うような音が出せると思うので、それがいいと思います。
それになんだかおもしろいです。
和魂太鼓のみなさんがやってくれた2つの太鼓を1人でたたく技を見ていると、とてもハードな動きをしているのに、リズムはしっかりとれていてすごいと思います。
和太鼓は、聞くというより、見るという方が印象に残ります。
パフォーマンスをふまえてより美しく太鼓をたたいている姿を見れて、とても勉強になりました。

---

日本の名物和太鼓

S中学校 3年1組 M.K.

私は、和太鼓の演奏を聞き、とても感動しました。
この演奏を見る前にT高校で和太鼓部の演奏を聞いていたので、きっとT高のようにすごいんだろうなと思っていました。
しかし演奏は私の想像をはるかにこえるものでした。
大きい太鼓を力強くたたいたり、小さい太鼓をたたいたりと強弱がすごく、びっくりしました。
またT高ではなかった笛も出てきて太鼓と一緒にふいていてとてもあっていました。
太鼓の演奏の中で一番印象深かったのは、金のししまいです。
あんなにかろやかにうごくししまいを見たのは初めてだったし、ししまいに頭をかまれると毛がはえてきたり、頭がよくなるということも初めてしりました。
そして、ししまいがこっちを向いたときドキッとして、こないで〜〜と心の中で思いました。
しかし、そんな願いもむなしく頭をかまれました。
少し痛かったです。
でも、今思うとかまれてとてもよかったし、3年最後の文化祭のいい記念にもなったのでよかったです。
私は、日本にこんなにも多くの太鼓があるなんて知らなかったし、日本の伝統楽器をきけてとてもよかったです。
H先生が「みんなも買ってみてください」と言ったけど、本当に少しほしくなったし、一度でいいからうっとけばよかったなと思いました。

---

和魂太鼓さんの演奏を聞いて

S中学校 3年1組 S.R.

登場のときからおなかに響く大音量の力強さで、私は感動しました。
これが日本の伝統音楽なんだぁ…と思いました。
今まで何度か和太鼓の演奏を聞いたことがあります。
いろんな大きさの和太鼓が1つの音楽を作り、心にしみます。
太鼓の他にも鐘とかがあって、とても面白かったです。
いろんな形の太鼓があって、相性もあって“太鼓は生きてる。”ような感覚でした。
いちばんおどろいたのは、演奏をしているみなさんの声とうでの速さです。
「いよぉー!」
「やぁっ!」
とか、力強く言って、うでをこれでもかというほど速くリズミカルに動かして演奏をしていて、それでもってまったくズレのないパーフェクトな演奏でした。
日本の心を忘れかけている若い人たちの目を覚ましてほしいなぁと思いました。

---

和太鼓の演奏を聞いて

S中学校 3年3組 S.H.

僕は太鼓と聞くと、1つの打法で豪快に打つものだと思っていました。
しかし、オロシ太鼓、和魂太鼓、まつり太鼓と聞いたり、見たりするうちに、それぞれに特徴があり、すべてちがうことがわかりました。
また、太鼓単独ではなく、能管や横笛などと組み合わせることで様々な表現ができ、獅子舞という1つの文化へと変化させることも可能で、日本の伝統的な楽器に感動しました。
ただ太鼓といっても和太鼓から糸を張ったものや、うちわの形をしたユニークなものまでいろいろありました。
他にもうぐいすのような音のでる「うぐいす笛」や、自然のまま楽器になったほら貝なども人の豊かな感性と発送から生まれたものなのだなと感じました。
先生や生徒たちが太鼓の体験をしていた所は、「打つ」というたった1つの動作で音が出る太鼓でも、立ち方、打ち方があり、おくの深いものだと教えてくれました。
仲間との連携、激しく動けるだけの体力、力強く打つための努力、譜面を見ずに演奏するための知恵と知力、日本にも西洋の楽器にまったく劣らないすばらしい楽器があることを忘れないでいたいです。

和魂太鼓をきいて

 力強い太鼓のリズムを聴くと、体中の血が騒ぎ出すのはなぜなのでしょう。
すっかり魅了されてしまいました。
ミナサン、ナンテ、カッコヨイノデショウ!
日頃のストレスが払われたような…
 教室に帰った子どもたちは、鉛筆をバチにして太鼓のつもり…盛り上がっています。
 すばらしいひとときを、ありがとうございました。

四の二 担任

和魂太鼓をきいて

和魂太鼓の方々は、実に華麗な身のこなしに目を奪われました。
太鼓はもちろん、木魚やカネの類も自由自在に扱われ、息つくひまもないくらいでした。
また獅子舞の方は、タダモンジャナイナという気がしました。
きっと永年の経験に加え、もって生まれたセンスのなせる技なのでしょう。
目がはなせませんでした。
司会の方は、こうしたことによく慣れていらっしゃるという感じで、間の良いさわやかな語り口が印象的でした。
床にすわって聞いていると、太鼓のひびきが身にビリビリ伝わり文字通り五感を通して鑑賞することができました。
ますますの御活躍をお祈りしております。

おにいさんへ

おおきなたいこがたのしかったよ。
いろんなたいこがいっぱいあってたのしかったよ。
ししまいもたのしかったよ。
いろんながっきがでてきてよかったよ。

S.H.

感想

4年1組 T.S.

『和魂太鼓』の人たちのえんそうは、とても大きな声を出していて、すごくはくりょくがありました。
私がじゃんけんで勝っていたら『ほら貝』をふいてみたかったなと思います。
『ししまい』のししはとてもすごかったな、と思います。
「私もかまれたかったなぁ」

 ---

S.O.

わたしの心の中は、聞いているのにむちゅうでした。
いろいろながっきやがっそうがはげしかったし、思ったよりすごい音でした。
わたしは、(ししって名前だったんだ)と思いました。
わこんだいこが終わった時、心ぞうが全然動いてなかったのでびっくりしましたが、しばらくして心ぞうはなんとか、動きました。
わたしは、ししにかんでもらいたかったです。
楽しくってもう一度がっそうを聞きたいです。

 ---

和魂太鼓のみなさんへ

とってもたいこのおとがわたしのむねにひびいてきました。
はじめてほんもののししまいを見ました。
ほんとうにありがとうございました。
わたしもやりたいなぁ。

四年三組 S.K.

 

小学生・先生・保護者
中学生・先生・保護者
高校生・先生・保護者
その他

 

感動した和太鼓

M.N.

 今日、すごくはく力のある演そうを聞かせていただいて、どうもありがとうございました。
私は、目の前で太鼓の演そうを聞くのは初めてで、とてもはく力があって、びっくりしました。
太鼓の音が、床を伝わって、体にひびいてきました。
聞いていると、自分でも太鼓をたたきたくなりました。
今日は、ほんとうに楽しい1時間が過ごせました。
また、演そうを聞かせて下さい。
 ありがとうございました。

 ---

O.M.

 私のお父さんもお祭りでたいこをたたいていました。
見ているだけでワクワクするしドキドキしたよ。
たたいていると心臓や胃などにひびく大だいこ、その大だいこをサポートする小だいこ、それぞれのもちあじを生かしたえんそうがよかったと思います。
ほんとうにありがとうございました。
それと大きなたいこは、はくりょくがあり、とてもたのしかったです。
今日のえんそうで、たいこが大好きになりました。

和魂太鼓を聞いて

心に響く美しい旋律でした。
和の音、というものを久々に肌でも感じることが出来ました。
太鼓の音というものは、体中の感覚で味わうことが出来る独特なものだと思います。
小さい頃に図鑑で見た法螺貝がまさか楽器になってしまうとは思いもしませんでした。
しかし実際に音を聞いてみると時代のドラマで何回か聞き覚えのある音でした。
祭りで聞いたことがあるようで新鮮、熱い空気が伝わってきました。
最後の最後で四人での打ちに感銘を受けました。
これからも頑張ってください。
津軽三味線は素人の自分でも分かる程、美しく素晴らしい演奏でした。
音楽の授業では学ぶことのできなかった深みまで知ることが出来ました。
今日は本当にありがとうございました。

 ---

和太鼓は今までテレビなどで何度か耳にしたけれど、こんなに間近で聞いたのは初めてだったので、とても印象に残りました。
体育館中に響く音にとても迫力があり驚きました。
和太鼓や笛にもたくさんの種類があり、それぞれの音が違うことや、それぞれの良さも分かりました。
獅子舞も実際に目にしたのは初めてでした。
動きが本物みたいですごかったです。
今後、日本のこのような文化が消えないでほしいと思いました。
私はいつも部活で楽器をやっているので、今回感じた迫力をいかしたいと思いました。
ありがとうございました。

 ---

 今日はとても楽しい演奏をありがとうございました。
和太鼓の演奏を生で聴くのは初めてで、とても心に残りました。
 私が1番心に残ったのは『獅子舞』と『両面二段打ち』です。
獅子舞は、本物の生き物のようでスゴかったです。
音楽に合わせて踊る獅子舞は、口や耳を動かしながら、演じていて楽しかったです。
 両面二段打ちは、3人の人が3つの太鼓で色々な音を出しながら、入れかわったりしながら演じていました。
1人の人が2つの太鼓を両手を使ってうまく演奏していました。
私は、この事に驚いたし、感動しました。
太鼓やバチがあんなにたくさん種類があるのも初めて知りました。
 日本の音楽について、あらためて知れて良かったです。

 ---

太鼓の音というのは、心臓や胃にすごく震動がきて、ビリビリと体中に伝わっていく感じがした。
その太鼓に、高い笛の音が加わると、曲全体がとてもしまった感じで、聞いていて心地良かった。
先生や、2、3年生が実際に体験しているのを見ていて、とても楽しそうで、自分もやればよかったと少し後悔した。
しし舞に頭をかんでもらったので、これから頭がよくなるかもしれない。(すごく嬉しい)
最後の方に演奏した、太鼓だけのもので4人が流れながらたたいていく様子が格好よかった。
演奏中にたくさんのかけ声があって、どの人もすごくよく響く声だった。