プログラムNo.9
迫力の歌声と楽しいオペレッタのコンサート
TOPページかんそう文 > 迫力の歌声と楽しいオペレッタのコンサート

 

小学生・先生・保護者
中学生・先生・保護者
高校生・先生・保護者
その他

 

わたしは「かっぱ」がでてきたりしたところが、たのしくってわらいました。
せんとちひろのうたがでて、うれしかったです。
あんなにきれいなこえがでるなんて、すごいなぁ。
それからイタリアごもフランスごもしゃべれるなんてすごいなぁ。
これからも五にんそろって、すてきなすてきなこえをだして、みんなにはくしゅをもらえるようにしてね。

K.K.より

 ---

ぼくのすきなうたは、2こあるんだけど、うたのメリーゴーランドとふるどけいだよ。
すごいなぁていうこともあったよ。
ぴんくいろのようふくの人がだまされたところが、おもしろかったよ。
たのしかったことは、かっぱがはしったところ。

N.R.より

  ---

かっぱさんへ
かっぱさん、へんそううまいね。
かっぱさん、うそつくのうまいね。
かっぱさん、めがねかけないほうがかっこいいね。
かっぱさん、ごまかすのすきなの?
かっぱさんて、すきなひといる?

1ねん3くみ M.R.より

 

音楽鑑賞会の感想

五の一 W.M.

ぼくは、あんなきれいな声をはじめてききました。
ぼくは、音楽はすきですけど、あんな声はでません。
そうとう練習したんでしょうね。
ぼくも、もっと音楽を好きになって心の勉強をしたいです。
とてもいい勉強になりました。

音楽鑑賞会を見て

とても、素晴らしい音声でした。
ソプラノとアルトは学校で勉強したけど、男性のテノールとバスは初めて聞きました。
ふくしき呼吸は、私が習っているピアノで教えられましたが、忘れていたのでまた思い出すことができました。
あと物語とかでは、歌が入っていてとても、楽しんで見ること聞くことができました。
歌も、ふだん聞いている感じとはちがくて、一つ一つの歌に強弱がついていて、とてもきれいな歌ごえでした。
そして、ピアノもすばらしかったです。

T.S.

 ---

きれいな歌をありがとうございました。

とくにソプラノとアルトの声がきれいでした。
それと、クラリネットの歌がおもしろいです。
かっぱの役の人がとくにおもしろく、笑いがとまりませんでした。
またこんどS小にきてほしいです。
ほんとうにありがとうございました!

G.S.

 ---

ステファノオペラげき場のみなさんへ

ぼくは最初にすごいきれいな声だなと思いました。

ソプラノ、アルト、テノール、バスとそれぞれきれいな声でした。
それにかたの力をぬいて、大きな口を開いて腹式呼吸で歌うんだよときいて、今、合唱祭にむけてがんばっているぼくたちにはナイスアドバイスでした。
ピアノの独奏も強弱がついていて、すばらしかったです。
オペレッタがすごくおもしろかったです。

N.T.

ステファノ・オペラ劇団を迎えて!!

  体育館において音楽鑑賞会が開かれました。

 十時から始まった公演は、“歌のメリーゴーランド”の全員合唱で幕を開けました。子供たちのよく知っている曲を中心にアドリブを交えての劇団員と子供たちの合唱に、少し緊張気味だった会場の雰囲気も少しずつなごやかなものになってゆき、後半は福島県の民話をもとに作られたオペレッタ「かっぱたん」という喜劇で、かっぱが人間の男に化けて村の娘に求婚するというお話です。歌ったり踊ったり時にはギャグで笑わせたり、子供たちもすっかりその世界に入り込んで楽しんでいる様子でした。舞台からとび出して会場を駆けるかっぱ達に子供たちは立ち上がって体育館は歓声の渦につつまれました。

 公演後の子供たちの感想は“おもしろかった、またみたい”が多く父兄の方々に、伺ったところ“楽しかった”等の感想の他“地区に住む他の人達にも見る機会があれば”等の意見も聞かれました。

 劇団の方々の感想は、子供たちの音楽の感性が良いとの言葉を頂き、広報誌の取材も初めてとのことでしたが、快く答えて頂けました。

ステファノ・オペラげき団のみなさんへ

この間は、どうもありがとうございました。げきも歌もとてもおもしろかったです。今まで、あんなにおもしろいげきはみたこともありません。

ソプラノのおねえさんは、とても高い歌でびっくりしてしまいました。アルトのおねえさんも、低い歌がようくでていてとてもきれいでした。テノールのおにいさんも、男の人でもあんなに高い歌がでるなんて、と思いました。バスのおにいさんも、あんなに低いこえがでるのかな、と思いました。

これからも、がんばってください。東京からわざわざきていただいて、ありがとうございました。

 

小学生・先生・保護者
中学生・先生・保護者
高校生・先生・保護者
その他

 

オペラっていいな

二年一くみ O.Y 

 わたしは、はじめてオペラをみました。それまでは、なんにも声のことを、しりませんでした。でも、オペラげきじょうの人におしえてもらって、やっとわかったような、気がします。でもほうとうにすごいですね。わたしなんかそんな声だせないと、思います。でも声は、とてもすてきだと、思いました。なぜかと言うと、心の中も、あたたかくなるのですから。わたしもそんな、心の中もあたたかくなる、うたがうたえたらいいと思います。いつかわたしもそんな声を、だせる人になれたらいいなあと思います。あとわたしは、ピアノを、ならっています。

初めて聞いた、生の声

4-3 N.M

 「ハロー ハロー ハロー ハロー」
と、きれいな四声がきこえてきました。私はその時、
「ああ、私たちと同じ歌を歌っていても、こんなにきれいに歌えるのかぁ。」
と思って、感げきしてしまいました。四つの声が、本当によく合っています。私たちもいっしょに歌った時は、もっと感げきしました。

 全員で歌うと、ふだん、私たちだけで歌う、あまり上手でない歌も、私はなんかとてもすてきに歌えた気分になって、歌い終わった後とてもいい気持ちでした。

 じこしょうかいの時、お姉さんやお兄さんは、歌でじこしょうかいをしました。
「高くてきれいな声。」
と、思ったソプラノのお姉さん。
「おちついた、大人っぽい、すんだ声。」
と、思ったアルトのお姉さん。
「おもしろくて、しっかりした声。」
と思ったテノールのお兄さん。バスのお兄さんは、
「とてもゆったりしていて、どっしりした感じの声。」
と、思いました。音楽鑑賞会に出る人は、みんな、きれいな声でした。ピアノをひく人は風のように速く、指がまわるので、私は、おどろいてしまいました。とくに、私はピアノのけんばんのよく見える所にいたので、風のように動く指が本当によくみえ感激しました。

 「手のひらを太陽に」の時、私は一生けん命、テノールのお兄さんのまねをして、動作をおぼえました。テノールのお兄さんと、どっちが、「手のひらを太陽に」の動作と歌をちゃんと出来るか、というとき、私はほとんどできませんでした。また、音楽鑑賞会があって「手のひらを太陽に」をやるとしたら、今度までこの動作をおぼえたいです。五月二十一日を、楽しい音楽会にして下さってありがとうございました。

すばらしかった生の歌声

僕は初めてなまで見たり、聞いたりしてとても感激しました。僕は一年一組のテノールのパートリーダーもしています。テノールの人が歌ったとき、こんなにきれいで大きな声が出せてすごいなと思いました。そして、これをさんこうにして、合唱コンクールへむけてがんばって行こうと思います。

 ---

私は、クラスのみんなが1人1人自信をもって、今日きいた声のように大きな声が出たらいいなーと思いました。とても表じょうがよかったと思います。その曲にあわせて、つよい顔をしたりして、すごいなーと思いました。ソプラノの声はすごく声がたかくて、びっくりしました。アルトも、思ったよりひくかったです。テノールやバスも、ひくい声はだしにくいのにすごいなーと思いました。のみの歌は、とてもおもしろくて、いんしょうにのこりました。オペレッタも、とてもおもしろかったので、もう一回見てみたいなーと思いました。

 ---

歌はとにかく響く声で、高い声と低い声が重なり合って、きれいな歌声で、すごく聞きやすかったです。オペレッタは、与作と河童の息がピッタリ合ってる感じでなんか似てるな、と思いました。
お花とおっ母が与作の事を河童と勘ちがいをして、河童が与作を追いかけているのが楽しかったです。
私がすごいと思ったのはピアノです。ずーッとひきっぱなしでピアノ独奏の時の幻想即興曲は本当にすごくてびっくりしてしまいました。ピアノも歌もオペレッタも本当に楽しかったです。

 ---

とてもすばらしかったです。
ステージに出てきた時の挨拶、すごくビックリしました。こんなに声が大きいなんて思いませんでした。
「小さな木の実」が1番カワイイ歌でした。「赤とんぼ」はなじみぶかかったので心によく響きました。
おもしろかったのは「のみの歌」です。ハハハハ…と笑い声を聞いて、こっちまでおもしろく、つられてハハハハ…と笑ってしまいました。
オペレッタもおもしろかったです。河童姿に少し笑いました。出演者の方みんな役・歌にあった表情でとてもよかったです。また見たいなぁと思いました。

 ---

歌うことが好きだから、こういった芸術鑑賞会で聞ける歌とかは、とても貴重だと思いました。ソプラノ・アルト・テノール・バス、4人の人達それぞれ、歌声がキレイだし、歌う姿もどうどうとしていて、カッコ良かったです。オペレッタは今日はじめて見ました。ミュージカルや演劇とはちがい、見ててもあきなかったし、笑いがでてしまうほど楽しかったです。今日はいい物を見たと思いました。

 ---

始まる前、私にはテストのつかれからねむくなってきていた。最低な場合はねてしまうかもしれない。と思っていたがそんな不安はステファノ・オペラ劇団員のみなさんの声でいっきにふきとんだ。私はいつのまにか団員のみなさんの声にひきつけられていた。
多分14年間いきてきた中で一番すばらしい歌だったんじゃないかと思います。
それと、表情が本当に豊ですごかったです。とくに魔王のときのアルトの人の目つきがかわったのが印象的です。

学年だより

 オペレッタはとても面白くて、きれいな声が出ていて、すごいなと思った。僕も出せたら面白いかなと思った。ソプラノ・アルト・テノール・バスの4つの高さがはっきりしていて迫力があって良かったです。おじいさんの「のみの歌」がとても印象深かったし、フランス語などの『どっこいしょ』も面白かったです。
河童譚の劇みたいなやつの中の河童役の人が高いテンションで良かった。『フニクリ・フニクラ』の歌が登山電車の歌とは、はじめて知った。リズムも良くて、歌いやすくて、面白い曲だなと思いました。又、ピアノの人の手の動きが速くて、ビックリしました。特に『魔王』という曲の時の馬の走っている様子を出す時が一番すごかったです。
 またこういう機会があったら、オペレッタを聞きたいです。(N君)

 ---

 5月1日の3校時と4校時に、ステファノ・オペラ劇場のオペレッタを見ました。オープニングの出演者が登場するところでは、ステファノ・木内さんが登場した時に、おもしろくて笑ってしまいました。ほかにも河童譚など笑えるところがたくさんあって楽しかったです。独唱では、ソプラノの渡部さんが歌った「赤とんぼ」は声がすごく高くておどろきました。他にものみの歌の「のみ」と言ったあとに笑うところがおもしろかったです。ピアノ独奏では、ピアノをひくのがすごくうまくておどろきました。最後の河童譚では「SMAPのキムタクが好き」や「プレステ2をやっていた」などおもしろいことを言ったり、生徒や先生に話しかけるなど楽しかったです。オペレッタを見れてよかったです。(K君)

 ---

 私は「のみの歌」はとてもおもしろかったです。あまり笑ってはいないけど、心の中で笑っていました。赤とんぼの山田耕作さんが作った歌は、私が小さい時によく歌いました。ソプラノの人はとても声がきれいでした。私は感心しました。(中略)オペレッタ「河童譚」はめちゃくちゃ楽しかったです。河童の人は変装したけど、あれじゃ、ばればれでした。お花さんはけっこうカワイかったと思います。ほかの人たちもすごくよかったと思います。楽しかったです。(Tさん)

 ---

 ステファノ木内さんの歌声とみんなを笑わせてくれたおもしろい言葉など、お年なのに体育館全体に届く声がマイクなしで出るなんて、とてもすごいなあと思っていました。「のみの歌」では、おもしろい歌い方で、すごく楽しく音楽が聞けました。ありがとうございました。(中略)「オペラ劇場」では、いなかの村のおっ母の役の人は、女の人の低い声をやっていて、自分もやってみると、すごく苦しくて、やっている人がすごいなあと思いました。二中に演奏に来てくれてありがとうございました。また楽しみに待っているので、ぜひ来て下さい。(Hさん)

 ---

 演奏を聞いて参考になった事は、歌を歌う時に決して下をむかないという事です。みなさんは劇などをしながらも上か前を向いて歌っていたので、すごいなと思いながら聞いていました。知らない曲がほとんどだったので、どうせつまらないと思っていました。でも、ひびきわたる声、おなかに震動がきたのを今でも覚えています。感動する音楽だけでなく、思わず笑ってしまった曲も多数有り、長時間聞いていても決してあきなかったです。(Kさん)

 ---

 僕はオペレッタを今日はじめて見た。最初は、オペレッタは歌うだけだと思ってたけど、歌いながら踊ったり演技をしたりしていた。それにはちょっと驚いた。あと「蚤の歌」を歌っていた人がおもしろかった。みんなもすごかったけど「のみの歌」を歌った人が1番すごかった。よくあんな声出るなあと思った。あとピアノの人もすごいなあと思った。
オペレッタは今までつまらないものだと思っていたけど、いがいに楽しかった。いい経験になったと思う。ありがとうございました。(Y君)

芸術鑑賞教室を終えて

二年五組 F.D

 昨日、芸術鑑賞教室が行われました。今年度は音楽鑑賞でした。ステファノ・オペラ劇場団員の方々が約一時間半歌ってくれました。九曲の曲を歌ったり、団員の方々と共に校歌を斉唱したり、ピアノの独奏をしてもらったり、最後には素晴らしいオペレッタをしていただきました。僕が最も感動したのは、独唱と重唱です。特に重唱では音の重なりが美しかったです。校歌斉唱の時、劇場団員の方が「声が小さい」と言いました。僕も同じように思いました。僕は「自分の学校の校歌ぐらい自信をもって大きな声で歌えるようにならなければいけないな」と思いました。今回の芸術鑑賞教室は校歌斉唱を除けば成功だと思います。鑑賞する態度も良かったし、私語も少なかったと思います。来年度はもっと鑑賞する態度を良くして劇団の方に良い印象をもってもらえるように一人一人が自覚してほしいと思います。ステファノ・オペラ劇団の方々、本当にありがとうございました。

 

小学生・先生・保護者
中学生・先生・保護者
高校生・先生・保護者
その他

 

さすがプロの声 『音楽鑑賞教室』より
6月19日(水)の3・4校時、本校体育館で、ステファノ・オペラ劇団による演奏が行われました。すばらしいプロの声に、どの子も深い感動をうけたようです。

 ---

今日は、音楽鑑賞教室がありました。私は前よりも、もっと歌が好きになりました。それは、歌ってくれた人の心が伝わってきたと感じたからです。一人一人の声がピアノの伴奏と一緒に一つのハーモニーになって、私達をさそうような歌に感じました。一つの歌でも心をこめて歌えば、きっと上手になると思いました。歌っている人の様子や気持ちが伝わってくるからです。でもただ歌うだけでは気持ちが伝わりません。表情をつけて歌うことが大切なんだなあと思いました。鑑賞教室で、上手な歌の歌い方や歌い方のひみつ等いろいろ分かりました。また歌を歌ってくれたお兄さんやお姉さんたちにわかりやすく教えていただきました。お兄さん方どうもありがとう。K.W子

心にひびいたね 音楽かんしょう会

4の2 学級通信 TOMODACHI

感想がアッと言う間(5分位しかなかったのです)にすてきな詩になったね。毎日書いている成果だね。

すごいなぁ

O.N

すごいなぁ。
あんなに高い声が出せて。
すばやくばちを動かせて。
あんなに声が響いて。
ピアノがスラスラひけて。
わたしもピアノが
スラスラひけるように
がんばらなくちゃ。

 ---

すごい声だな

M.E

「わぁー、すごい声だな
どうしてきれいな声が
出るんだろう。」
わたしは、音楽と声に
つつまれていた。
歌が終わった。
わたしは、思い切って
はく手をした。
手がちぎれるほど
強くたたいた。
わたしも
ああいう声になりたいな。

 ---

お兄さん、お姉さん

T.N

お兄さん、お姉さんはすごい。
高い声が出せるし、
低い声も出せるし、
ニコニコ歌っているし、
げきもうまいし、
ぼくも高い声を出したいなぁ。

 ---

大笑いパワー

O.R

一曲終わった。
はく手かっさい。
かっぱの川太ろうは
いろいろなおどりのようなことをした。
みんな大笑いをした。
きっとオペレッタには、
人を楽しませるパワーがあるんだ。

 ---

やっちゃんいいなぁ

T.M

「わぁ、こっちに向かってくる。」
カッパとよさくが
ぶ台からおりて、
わたしたちの方に走ってくる。
五年生があく手をしてもらう。
それを見て、やっちゃんも
「はい、はい、はい」
と言いながら
よさくにあく手をしてもらう。
いいなぁ、やっちゃん。

 ---

カッパたん

Y.Y

「おもしろかったら わらって、
おもしろくなかったら
しいんとしてて。」
カッパ役の人が言った。
カッパのげきが始まった。
みんなわらった。
カッパは、
あっちに行ったり、こっちに来たりして
おどっていた。
おもしろい所がいっぱいあって
みんなわらった。

 ---

ちがう

T.T

「だれが好きなんだ。」
よさくが言った。
おはなぼーが
「スマップのキムタク。」
と言った。
みんなも
「キムタク。」
と言ったけど、
ぼくは、
よさくの方が
おもしろくてよかった。

 ---

ピアノのおじさん

K.R

ピアノのおじさんが
楽ふをめくった。
えんそうにむ中で、
楽ふを落としてしまった。
それでも、
えんそうをがんばっていた。
ピアノが大好きなんだなぁ。