楽器の紹介と解説
TOPページ > 各プログラム使用楽器 > 楽器の紹介と解説「な」

楽器の名前で調べる→       ま〜 写真から

 

楽器名
イメージ
かいせつ
このグループで
使用しています
長胴太鼓
nagadou-daiko
長胴太鼓
欅(けやき)や楠(くすのき)などの大きな木をくり貫き、両面に革を張って鋲で留めた太鼓です。
革の直径よりも胴が長い物を“長胴太鼓”または“宮太鼓”といい、胴の方が短い物を“平胴太鼓”といいます。
和太鼓1
和太鼓2
和太鼓3
和太鼓4
邦楽1
邦楽2
鍋ぶた
nabe-buta
写真
準備中
大きさや材質によって色々な音がする物です。
曲や共演者の音に合わせて吟味されます。
お鍋のフタもまさかコンサート会場で使われるとは思っていなかったでしょうね。
二胡
niko
二胡
中国の伝統楽器でニシキヘビの皮を張った共鳴胴に、2本の弦が張ってあります。
馬の尻尾の毛を張った竹製の弓は、2本の弦の間に挟んであります。
ヴァイオリンと並んで人間の声に最も近いと言われる楽器で、優しく優雅な音色は中国の大きさ、歴史を感じさせます。
中国伝統芸術「二胡入り」
二丁掛締太鼓
nichou-kakejime-daiko
二丁掛締太鼓
普通の締め太鼓より太い縄で締めてあり、胴の部分も厚く作られています。
締め太鼓より鋭い音が 出るのが特徴です。
左の写真は縄の代わりにボルトで締めてあります。
和太鼓2
和太鼓3
能管
noukan
写真
準備中
日本の楽器で、竹の内側に漆を塗り、外側に桜の皮を巻いた横笛です。
古くから能楽や歌舞伎、長唄などに使われ、強く鋭い響きの効果として用いられています。
能管の最大の特徴は“のど”と呼ばれる機構で、息を吹き込む歌口のそば内側を狭くしてあり、正確な音を出せないようにしてある事です。
これにより音符で表せるような旋律や調子を持たない、能管独特の「ヒシギ」という効果が生まれます。
 
のこぎり
nokogiri
のこぎり
音楽用ののこぎりです。(大工道具ののこぎりでも演奏は可能だそうです)
取っ手の部分をひざで挟んで押さえ、弦楽器用の弓で弾くと、幽霊が出てくる時の「ヒュ〜〜〜」というような音が出ます。
また、鋼の部分を湾曲させながら、バチで叩いて音を出す方法もあり、これは横山ホットブラザーズの「お〜ま〜え〜はア〜ホ〜か〜」が有名ですね。
精鋭プロ4

 

楽器の名前で調べる→       ま〜 写真から

 

 

<<お問い合わせはお気軽に>>

tel 042-463-6023
E-Mail enjoy@nichion.net
fax 042-467-6023

Nihon Ongaku Kikaku INC, All rights reserved.